新幹線・特急 新規開業・工事 鉄道

北陸新幹線の列車名の愛称を募集開始。大本命は「はくたか」、対抗は「はくさん」か。「つるぎ」「あさかぜ」有力で、「あさま」存続も

北陸新幹線の列車名の愛称公募が始まりました。

北陸新幹線の長野~金沢間は2015年春に開業予定。開業まで2年をすでに切っており、列車名の愛称が一般公募されることになりました。

新幹線列車の愛称公募は過去にいくつも例があります。東海道新幹線の「ひかり」や「こだま」、東北新幹線の「はやぶさ」や「こまち」などは、公募によって決められたものです。

その一方で、上越新幹線の「とき」や、長野新幹線の「あさま」、九州新幹線の「つばめ」など、在来線で同区間を走っていた特急列車の名称を、そのまま新幹線で引き継いだケースもあります。

e7系

過去の例からみると、今回の最有力は「はくたか」でしょう。現在の走行区間は越後湯沢~金沢間で、東京~金沢間を乗り継ぐ際に利用する列車です。音感もよく、速度感もあることから、「はくたか」が大本命と言っていいでしょう。

対抗は「はくさん」。かつて上野~金沢間を長野経由で走っていた特急列車で、長野新幹線の開業とともに姿を消しました。首都圏と北陸を結ぶ列車名としては、「はくたか」と同様の伝統を誇ります。

ただ、どちらも「は」から始まるという点は、若干の難点かもしれません。JR東日本の新幹線には、「はやて」「はやぶさ」という「は」から始まる列車名がふたつもあります。これに「はくたか」「はくさん」が加わるとやや混乱する可能性も。かつて、上越新幹線には「あさひ」という列車がありましたが、長野新幹線の「あさま」と紛らわしく、廃止されたという過去の事例もあります。

では、「はくたか」「はくさん」以外で有力な列車名はあるでしょうか。

過去、北陸本線を走った優等列車のなかでは「つるぎ」が有力かもしれません。大阪~新潟を結ぶ寝台特急の名称でしたが、1996年に廃止されています。「剣岳」は、沿線にある北アルプスの代表的な山岳ですし、小説化や映画化もされていて知名度も抜群です。語感にも切れ味があります。「つるぎ」の弱点を挙げるとすれば、山が北陸新幹線終点の石川県になく、富山県に存在するという点でしょうか。

その他、北陸本線系統との過去の列車としては「かがやき」「たてやま」「のと」なども候補にあがりそうです。「雷鳥」も候補になりえますが、「サンダーバード」が現存しているので採用は難しそうです。

もう一つの視点として、過去の名列車の愛称が復活する可能性もあります。国鉄時代以来の名列車の愛称としては、「つばめ」「さくら」「みずほ」「はやぶさ」がすでに新幹線の愛称として復活しています。まだ復活していない名列車で、夜行色のないものといえば、「はと」「あさかぜ」「ひばり」「はつかり」あたりが残っています。「はと」はスピード感がないので難しいですが、「あさかぜ」ならあり得るでしょう。「あさま」と紛らわしいという指摘もありそうですが、文字数が違えば問題ないともいえます。「ひばり」「はつかり」は東北色が強すぎるので難しそうです。

地域色を出すなら、「みやび」という声もあるようです。加賀百万石からイメージする愛称だとか。秋田新幹線の「こまち」に通じるものがあります。

ということで、有力候補をいくつか出しましたが、ここでタビリスの予想を勝手に書きましょう。ずばり、「つるぎ」です。その理由は、いままでの新幹線列車愛称にない鋭い音感が魅力だからです。

もちろん、「はくたか」が愛称として最有力でそれを否定する根拠はありません。あえて理由を探せば、「大本命過ぎて採用しづらい」というくらいでしょうか。

北陸新幹線には速達タイプと各駅停車タイプの二つの列車が走りますが、各駅停車タイプは従来通り「あさま」が生き残ると思われます。つまり、速達タイプが「つるぎ」、各駅停車タイプが「あさま」というのが、タビリスの予想です。

その他の候補についても検討してみましょう。

「はくさん」は音感が弱く、語尾が「ん」である点が難点です。「ん」で終わる新幹線列車は過去にありません。そのため、採用される可能性は小さいとみています。「あさかぜ」は有力ですが、積極的に推す理由にも乏しいといえます。

「みやび」は、ミニ新幹線や各駅停車タイプには適当な愛称だとおもいますが、フル規格新幹線の速達列車としては力感がないように思えます。愛称が2種類選定される場合に各駅停車タイプの有力候補になると思いますが、1種類だけなら選ばれる可能性は低いでしょう。

愛称の募集期間は2013年6月30日まで。発表は2013年秋以降です。

-新幹線・特急, 新規開業・工事, 鉄道
-, , ,

  あわせて読みたい