旅行総合研究所タビリス

旅行総合研究所タビリスは、日本と世界を旅する人のための観光情報サイトです

LCC 航空 航空会社

春秋航空と吉祥航空が羽田-上海線を2015年8月に開設。羽田深夜早朝枠を活用。両社合わせて週7便。

中国の航空会社の春秋航空と吉祥航空が、2015年8月に羽田-上海線を開設します。いずれも羽田空港の深夜早朝枠を利用したものです。時事通信が伝えています。

広告

春秋航空・羽田-上海線時刻表

春秋航空はすでに日本各地に就航しているおなじみのLCCで、羽田就航は初となります。
週4便の運航で、AIRLINE ROUTEによりますと、時刻表は以下の通りです。

■春秋航空・羽田-上海線スケジュール
羽田0130 – 0325上海
上海1850 – 2300羽田

春秋航空

吉祥航空・羽田-上海線時刻表

吉祥航空は日本路線として関西と那覇に就航しています。LCCではないフルサービスキャリアで、こちらも羽田就航は初となります。週3便の運航で、AIRLINE ROUTEによりますと、時刻表は以下の通りです。

■吉祥航空・羽田-上海線スケジュール
羽田0150 – 0340上海
上海2050 – 0100羽田

航空交渉で合意済み

日本と中国の航空交渉では、2015年5月に日中航空当局間非公式協議が実施され、羽田空港の深夜早朝時間帯の新規就航について、準備が整い次第、2015年夏スケジュール中に運航を開始することで合意がありました。その合意に基づいた路線が、上記2社の就航ということのようで、両社合わせて週7便になります(毎日運航ではありません)。

羽田からの路線が増えることは便利ですが、どちらも中国系の航空会社というのがちょっと残念。最近の中国の航空会社は、動きが本当に早いです。日本の航空会社も羽田深夜早朝枠を使った路線を、もっと広げて欲しいものです。

広告

広告

-LCC, 航空, 航空会社

  あわせて読みたい