ホーム 新型車両 伊豆特急がいよいよ一新。2...

伊豆特急がいよいよ一新。2020年春にE261系が登場。251系、185系は引退へ

「スーパービュー踊り子」の列車名はどうなる?

シェア

JR東日本は、2020年春をめどに伊豆エリアへ新型車両E261系を投入し、新たな観光特急列車を走らせると発表しました。全車グリーン席という豪華仕様が特徴です。一方、既存の251系「スーパービュー踊り子」は引退し、列車名も廃止となりそうです。

広告

2020年春に登場

JR東日本によりますと、新型車両E261系は、2020年春から東京・新宿~伊豆急下田間での運転を予定しています。8両編成を2編成導入します。

車両のトータルデザインは、世界的な工業デザイナーとして知られる奥山清行氏が代表を務める「KEN OKUYAMA DESIGN」が担当。外観は紺碧色がベースで、伊豆の雄大な自然を表現しています。眺望のため、すべての車体側面の上部に天窓を設けたのも特徴です。

E261系
画像:JR東日本プレスリリース

プレミアムグリーン車を設置

全車グリーン席で、1号車(伊豆急下田方)には同社初の「プレミアムグリーン車」が設けられました。プレミアムグリーン車は横2列、シートピッチ1,250mmのゆったりした座席で、1両の定員は20名です。

E261系プレミアムグリーン車
画像:JR東日本プレスリリース

2・3号車はグリーン個室で、4名用と6名用の各4室(編成あたり8室)があります。ファミリーやグループ向けで、定員はこちらも1両20名です。

E261系グリーン個室
画像:JR東日本プレスリリース

4号車は「ヌードルバー」として、うどんやラーメンなどの麺の飲食サービスを提供。カウンター席とボックス席があります。2・3号車の個室へデリバリーサービスも行います。

E261系ヌードルバー
画像:JR東日本プレスリリース

5~8号車はグリーン車で、横3列(2列+1列)、シートピッチ1,160mmの配置。JR東日本の他車両のグリーン車よりも余裕のあるつくりです。

E261系グリーン車
画像:JR東日本プレスリリース
広告

251系は置き換え引退へ

車内の全席に電源コンセントを設置し、Wi-Fiサービスも提供。インバウンド対応として、各車両に大型の荷物置場を設置します。E261系の1編成あたりの定員は164名となります。

新造費は合計で70億円とのことです。新型特急の料金は未定です。

E261系は、現行の251系「スーパービュー踊り子」の置き換えという位置づけです。251系は1990~1992年に製造された車両のため、老朽化が進んでおり、E261系の登場後、伊豆特急から引退する予定です。

広告

オリンピックイヤーに特急一新

E261系特急の愛称は未定です。新愛称が付けられるならば、251系の引退にともない「スーパービュー踊り子」という列車名も廃止となりますが、公式な発表はありません。

現在、251系は4編成ありますが、E261系は2編成のみの製造です。そのため、新特急の運転本数は、251系「スーパービュー踊り子」の半分程度となり、1日1~2往復の運転になります。平日も運転する定期列車が1往復、週末が2往復といったダイヤが考えられます。

同じく伊豆方面の185系特急「踊り子」については、中央線から転属となるE257系に置き換わる見通しです。この更新時期の公式発表はありませんが、E261系が登場する2020年春頃には置き換えが完了しそうです。

となると、オリンピックイヤーまでに、伊豆方面の特急列車は一新となりそうです。(鎌倉淳)


関連記事