ホーム 海外旅行 ブラジルが電子ビザ制度を開...

ブラジルが電子ビザ制度を開始。オンライン申請で90日間滞在可能

最長5営業日でビザ発給

シェア

ブラジルが日本人対象の電子ビザ制度を開始しました。日本人は、オンラインでeVisaを申請・入手することが可能となり、90日間の滞在が許可されます。

広告

2011年1月より日本人にも適用

ブラジルは入国にビザが必要な国で、旅行者はこれまで、領事館や大使館を通じて観光ビザを取得してきました。

このビザ取得が若干面倒で、往復の航空券の予約確認書のほか、銀行の残高証明書(または通帳原本)が必要。申請と受け取りで2度、領事館・大使館に行かなければなりません。

しかし、ブラジルは2017年11月に、オーストラリア国民向けに初めてeVisaを開始。2018年1月には日本人にも適用となりました。これにより、手続きが大幅に簡素化され、領事館へ赴く必要もなくなりました。

リオデジャネイロ

最大5営業日で処理

認可されたブラジルのeVisaは2年連続で有効で、年間90日間の滞在が許可されます。申請には有効なパスポート、Eメールアドレス、ビザ代を支払うためのデビットカードまたはクレジットカードが必要です。

ブラジルeVisaの処理は最大5営業日でおこなわれます。eVisaが承認されると、申請書に記載されたEメールアドレスにPDF形式で送信されます。

旅行者はこのPDFをプリントアウトし、ブラジル到着時にイミグレーションで提示すれば入国できるというわけです。

ブラジルのビザ申請者は、日本、オーストラリア、カナダ、アメリカの4カ国で全体の 60 %を占めています。この電子ビザシステムは、この4カ国の旅行者向けに運用されるということです。


関連記事