ホーム 博物館・美術館 富山県で「アートのまちめぐ...

富山県で「アートのまちめぐりパスポート」発売。美術館・博物館がおトクに

シェア

富山県内の美術館や博物館など25施設を周遊できるクーポンチケット「アートのまちめぐりパスポート」が2017年10月1日から発売開始されます。富山の観光地巡りに使えそうです。

広告

600円で3ポイント

「アートのまちめぐりパスポート」は、富山県内の美術館や博物館の常設展を見ることができるクーポンチケットです。一部施設では差額を支払うことで企画展を見られます。対象施設は25ヵ所です。

チケットは1枚600円で3ポイント綴り。つまり、1ポイント200円相当です。1つの施設に1~3ポイントで入館できます。たとえば、富山県美術館や富山県立山博物館は1ポイント、立山カルデラ砂防博物館や城端曳山会館は2ポイント、森記念秋水美術館なら3ポイントで入館できます。

富山アートのまちめぐりパスポート
富山アートのまちめぐりパスポート

実質4割引も

富山県美術館や富山県立山博物館は一般入館料が300円、城端曳山会館は510円ですので、「パスポート」なら、それぞれ200円、400円相当で入館できることになります。

森記念秋水美術館は一般入館料が1,000円のところ、「パスポート」なら600円ですから、実質4割引。この美術館を訪問するときには絶対に使いたいクーポンです。一方、立山カルデラ砂防博物館は一般入館料が400円ですので、とくに割引はありません。

旅行者にはお得

クーポンは2018年3月まで利用可能なので、近隣在住者は分けて使うことも可能です。ヨーロッパでは似た仕組みのクーポンは珍しくありませんが、日本ではこうした形のチケットはあまり普及していません。

こうしたクーポンは旅行者にとってもお得で利便性が高いですし、地方だけでなく大都市でも、もっと広まっていいのではないでしょうか。


関連記事