LCC 航空 航空会社 飛行機旅行

エアバスが特許申請した「サドル式シート」の笑撃。これは酷いのか、画期的なのか?

エアバスが申請したシートに関する特許が話題になっています。これは、フランスの航空機メーカーエアバス社がアメリカで提出した特許申請書類のなかに含まれていたものです。客室内に並んだ「自転車のサドル風シート」です。

特許書類によると、回転して動かせる肘掛けと、「サドル」と小さな背もたれで、姿勢をまっすぐに保つ仕組み。いちおう着席してもたれることができるのですが、ほとんど立っている姿に近くなるでしょう。サドル風シートなので、座り心地は推して知るべしです。自転車に座っているのと同じような感覚でしょうか。

広告

エアバスサドルシート
エアバスサドルシート
 画像:Airbus SAS/US Patent Office

特許申請書類によると、「1時間から2~3時間程度」の短距離飛行の場合を想定している様子。日本なら羽田~福岡や札幌は想定内、ということになります。でも、この飛行機で北海道旅行とか、うーん。

さすがにこれは酷い、と思う人も多いでしょう。たとえLCCであっても、こんなシートを導入する航空会社は先進国にはないかもしれません。

ただ、発展途上国の詰め込みバスに比べればよほど快適なのも事実です。たとえば、途上国で「24時間のベンチシートバスか、1時間のサドルシート飛行機か、どっちか選べ」といわれたら、サドル式シート飛行機を選ぶかもしれません。

つまり、こんなシートであっても必要としている場所があるのも事実なのでしょう。これにより、飛行機旅行のハードルが下がれば、それはそれで画期的です。

でも、やっぱり乗りたくはないですね。

-LCC, 航空, 航空会社, 飛行機旅行

  あわせて読みたい