旅行総合研究所タビリスは、日本と世界を旅する人のための旅行情報サイトです


新幹線・特急 鉄道 JR

JR特急利用者数ランキング2015年ゴールデンウィーク版。「ひたち」が「あずさ」を抜き首位に

「在来線利用者数ランキング2015年ゴールデンウィーク版」をまとめました。昨日の「新幹線利用者数ランキング2015年ゴールデンウィーク版」の続編です。これは、JR各社が発表した2015年ゴールデンウィーク(4月24日~5月6日の13日間)の利用状況を順位付けしたものです。

公表内容は各社・各支社ごとに異なりますが、その数字を集めてみると、特急列車や在来線区間ごとのピーク時の利用者数がわかります。ランキングにすることで、各特急列車の利用者数がおおまかに見えてきます。

2015年版、利用者数ランキングゴールデンウィーク版、JR在来線特急編です。(一部快速列車も掲載しました)。

広告

2015年ゴールデンウィークJR在来線特急利用者数ランキング

  1. ひたち、ときわ(我孫子-土浦)34.5万人
  2. あずさ、かいじ(八王子-大月※)34.3万人
  3. かもめ、みどり(鳥栖-肥前山口)29.9万人
  4. サンダーバード(京都-敦賀)24.6万人
  5. ソニック(小倉-行橋)19.1万人
  6. マリンライナー(児島-宇多津)18.7万人
  7. 成田エクスプレス(東京-千葉※)16.4万人
  8. ひたち、ときわ(水戸-高萩)13.1万人
  9. スーパーカムイ、スーパー宗谷*(札幌-岩見沢)12.0万人
  10. しらさぎ(米原-敦賀)9.3万人
  11. 踊り子*(横浜-熱海※)8.6万人
  12. しなの(名古屋-多治見)8.5万人
  13. しおかぜ、いしづち(多度津-伊予三島)8.3万人
  14. スーパー北斗、すずらん*(東室蘭-苫小牧)8.3万人
  15. くろしお(和歌山-簑島)8.2万人
  16. はるか(日根野-関西空港)8万人
  17. しおかぜ(児島-宇多津)7.8万人
  18. わかしお(東京-蘇我※) 7.1万人
  19. スーパー白鳥、はまなす*(中小国-木古内)6.6万人
  20. きのさき・まいづる(二条-亀岡)6.3万人
  21. ひたち・ときわ(高萩-いわき)5.8万人
  22. やくも(岡山-新見)5.6万人
  23. こうのとり(大阪-三田)4.3万人
  24. 南風(児島-宇多津)4.2万人
  25. ひだ(美濃太田-下呂)4.1万人
  26. 南風、しまんと(多度津-阿波池田)4.1万人
  27. しおさい(東京-千葉)4.0万人
  28. スーパーおおぞら、スーパーとかち(南千歳-トマム)3.9万人
  29. いなほ(新潟-村上※)3.8万人
  30. しおかぜ、いしづち、宇和海(松山-宇和島)3.7万人
  31. しらさぎ(名古屋-大垣)2.8万人
  32. うずしお(高松-徳島)2.8万人
  33. スーパーはくと(姫路-上郡)2.7万人
  34. スーパーはくと(智頭-鳥取)2.3万人
  35. つがる*(弘前-青森)2.2万人
  36. さざなみ(東京-蘇我) 1.7万人
  37. 南風、しまんと、あしずり(高知-窪川)1.6万人
  38. 南紀(松阪-紀伊長島)1.3万人
  39. ふじがわ(富士-富士宮)1.3万人
  40. あさぎり(御殿場-山北)1万人
  41. はまかぜ(姫路-寺前)0.9万人
  42. スーパーいなば(上郡-岡山)0.9万人
  43. スーパーいなば(智頭-鳥取)0.9万人
  44. いなほ*(酒田-秋田)0.8万人
  45. リゾートしらかみ(秋田-青森)0.7人
  46. サンライズ出雲・瀬戸(静岡-浜松)0.7万人
  47. スーパーおき(新山口-益田)0.7万人
  48. 伊那路(豊川-本長篠)0.3万人
  49. サンライズ出雲(岡山-新見)0.3万人
  50. うずしお(児島-宇多津)0.2万人
  51. はまかぜ(岩美-鳥取)74人

※は路線名のみの公表で、区間が明記されていなかったので、当サイトが区間を推定しました。
*は表記以外の同区間を走る特急列車も含まれます。
・マリンライナー、リゾートしらかみは快速列車

上記の数字は、公表された区間旅客数をピックアップしてランキングしたものです。発表内容にはJR各社や支社によりバラツキが大きいので、「たまたま公表されていた区間」のランキングにすぎません。したがって、上記のランキングが公平・万能でないことを、まずはご理解ください。データ収集漏れがあるかもしれませんが、ご容赦ください。

ひたち

上野東京ライン効果で常磐特急が上昇

今年の注目は「ひたち、ときわ」の常磐特急です。上野東京ライン開業による東京駅乗り入れと、新しい着席サービス制度の導入が、利用者数にどう反映するかがポイントでした。

結果的には、「あずさ、かいじ」を凌いで首位獲得。2014年は2,000人差で「あずさ、かいじ」が首位でしたが、2015年は逆に2,000人差で「ひたち、ときわ」が首位を奪いました。やはり上野東京ライン効果は大きいというところでしょうか。

この両系統と、「かもめ、みどり」「サンダーバード」「ソニック」を加えた「5強」が抜けている構図は毎度のことですが、「成田エクスプレス」も利用者が伸びていて「ソニック」の背中を捉えています。

関西圏-北陸圏の往来も減少せず

2014年までのランキングには、このあと「はくたか、北越」が名を連ねていたのですが、今はありません。そのほか、関西空港特急「はるか」も好調で、「しおかぜ、いしづち」を抜き去りました。空港特急は東西とも好調です。

2015年はゴールデンウィークの曜日の並びがよかったこともあり、全体的に利用者数を伸ばしている列車がほとんどです。北陸新幹線開業で運行区間が短縮された「サンダーバード」も前年以上の利用者数でした。

新幹線開業によって関西圏と北陸圏の往来が減少するという事態には、いまのところなっていないようです。

広告

広告

-新幹線・特急, 鉄道, JR

  あわせて読みたい