リゾート列車 廃止・引退情報 新幹線・特急 私鉄 鉄道 JR

国鉄型車両「165系」が完全消滅へ。富士急が371系を購入し「フジサン特急」から旧165系の引退が決定

国鉄時代に急行型車両として一時代を築いた「165系」が、2015年度にも定期運用から姿を消すことが決まりました。「165系」を唯一運用している富士急行が、JR東海から371系車両の購入を決定し、置き換えることを発表したためです。

富士急行が購入するのは、JR東海の371系特急形電車7両(7両編成1本)です。7両編成を3両編成に改造し、「フジサン特急」として運用します。2015年3月に購入し、2015年度中の営業運転開始を予定しています。

広告

165系改造の富士急2000系が引退

「フジサン特急」は、2002年から富士急行の大月~河口湖間で営業運転を開始しました。JR東日本の165系改造車「パノラマエクスプレスアルプス」を購入し富士急2000系とし、3両編成2本が運用されてきました。このうち1本は、2014年7月に、小田急ロマンスカー20000形「RSE」を3両編成に改造した車両(富士急8000系)によって置き換えられています。

残る2000系1編成が、371系によって置き換えられることで、旧国鉄型165系は富士急行での営業運転を終了します。これで165系を運用している会社はなくなり、165系は日本全国で運行を終了します。一時代を築いた旧国鉄型車両が、また一つ姿を消すことになります。

富士急2000系

JR・小田急「あさぎり」が富士急でもペア

富士急が購入した371系は1991年、JR東海の特急形電車として登場し、小田急線とJR御殿場線の直通特急「あさぎり」で運用されてきました。民営化して間もないJR東海の「新宿進出」を担った意欲的な車両でしたが、結果的には7両編成が1本製造されただけでした。

371系

371系は2012年3月に「あさぎり」での定期運用を終了し、その後はJR東海の臨時列車で使われていましたが、2014年11月末に臨時列車での運用も終了しています。

富士急の「フジサン特急」は、今後も2編成で運用されますが、もう1編成の8000系も「あさぎり」で運用されていた旧小田急車両です。つまり、「あさぎり」で運用されてきたJR・小田急の車両が、富士急行で再びペアを組むことになります。

全国私鉄「超」決定版 電車・機関車・気動車1700

-リゾート列車, 廃止・引退情報, 新幹線・特急, 私鉄, 鉄道, JR

  あわせて読みたい